「ほうれん草のチャンプルー」

a0214374_1302976.jpg












私たちが寒い、寒いと凍えている中、一生懸命生きている野菜はぐんっと甘みが増して美味しく、
そして栄養もぐんっと高くなります。
そぅやって、私たちの体を元気づけてくれてるんですね。
自然の循環は素晴らしいものです。
特に、ほうれん草は農作物の少ない冬にとれる、栄養たっぷりの貴重な緑黄色野菜です。
そんなほうれん草をたっぷり食べれるレシピです♪

◇材 料 ◇ (4人分)

ほうれん草     ・・・2束(400g)
卵     ・・・2個
油揚げ     ・・・1枚
木綿豆腐     ・・・1丁
サラダ油     ・・・適量
●しょう油     ・・・大さじ1と1/2
●酒     ・・・大さじ1と1/2
●砂糖     ・・・小さじ2
●だしの素     ・・・小さじ1

◆ 作り方 ◆
1.塩少々を入れたお湯でほうれん草をさっと茹で水に浸し、硬くしぼってざく切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、①を炒める。
  短冊切りした油揚げと豆腐を加え、木ベラで崩しながら更に炒める。
3.●を入れしばらく炒め、卵を溶いて回し入れる。
  弱火にし、ふたをして半熟にする。全体を軽く混ぜたら出来上がり♪
  味をみて、足らない場合はしょう油を加える。 
  ※ソースを入れると一味違ってGOOD!

□ほうれん草の栄養 □
・冬の露地物は、夏場に比べて栄養価が高く、霜にあたって甘みも増します
・とても栄養価が高く、緑黄色野菜の代表。特に、抗酸化作用のあるβカロ
テンや ビタミンCが豊富で、相乗効果で肌荒れの防止や風邪予防に有効
・鉄分も豊富で、牛レバーに匹敵するほど含まれていて、貧血防止に効果的
・根元の赤い部分は骨を丈夫にするマンガンが豊富なので、捨てずに食べましょう

アクやえぐみの成分は「シュウ酸」。でも、茹でて水にさらすとほとんどが流れ出ます。
ただし、茹ですぎるとビタミンCが流失するので、軽くさっと茹でましょう!!


■ ひとことmemo ■
寒い冬、しっかり栄養を摂って、体をあたためて、風邪をひかない元気な体づくりをしましょう♪

[PR]
by okajirushi-recipi | 2011-10-08 13:01 | ほうれん草