「春野菜のポトフ」

a0214374_12331423.jpg












◇ 材 料 ◇

新じゃが    ・・・8個
新玉葱    ・・・4個
人参    ・・・2本
セロリ    ・・・1本
ウィンナー    ・・・好きなだけ
グリンピース    ・・・お好みで
水    ・・・1リットル
コンソメ    ・・・3個
塩・こしょう    ・・・適量

◆ 作り方 ◆

1.野菜はよく洗い、セロリは筋をとって、新玉葱は皮をむく。
  すべての野菜を一口大の食べやすい大きさに切る。
2.大きめの鍋に人参を入れ、その上に新玉葱をおいて野菜のかさの8割程度まで水を入れ、火にかける。
3.ぐつぐつとしてきたら、新じゃがとセロリを加え、火が通るまで煮込む。
  煮立ってきたら残りの水とコンソメ・切ったウィンナーを入れてさらに煮込む。
4.仕上げに塩・こしょうで味をととのえる。
  お好みでゆでたグリーンピースを飾ってもいいですね!

■ ひとことmemo ■
春野菜のたっぷり入ったポトフは優しい味付けで春を迎える体を元気にしてくれます。
他には春キャベツや冷蔵庫の中にある色々な野菜をたっぷり入れましょう。
少し多めの分量にしていますので、翌日はアレンジメニューのポタージュやカレーにするのがおすすめです!


♪ アレンジメニュー「次の日はポトフでポタージュ」 ♪

1. 粗熱を取ったポトフ(ウィンナーは食べておく)をミキサーにかける。
  ※この段階で冷凍しておけば、いつでも飲みたいときにレンジで解凍して、
   2.3.の工程を行なえばいただけます!
  ※一人分ずつ小分けにしておくと便利です!
2. 鍋に戻して、お好みのとろみまで牛乳を加えて混ぜる。
3. 弱火にかけて煮込む。塩・こしょうで味をととのえて出来上がり。


□ 春野菜の特徴 □
・ほろ苦さや香りの高いものが多く、鮮やかな緑色をしているものが多い
・長い冬の間にたっぷりと栄養を蓄えているので、新陳代謝をアップして、眠っていた体を優しく癒してくれます

《春キャベツ》
・ビタミンC、Uが豊富で胃腸の調子を整えてくれる
・緑部分にはカロテン、芯の周りにはビタミンCが多いので残さず食べましょう

《アスパラ》
・カロテン、ビタミンC、E、B群が多い緑黄色野菜
・アミノ酸の一種のアスパラギン酸は新陳代謝を活発にし、疲労回復に効果がある

《筍》
・食物繊維でコレステロールの吸収を抑える
・切り口の白い粉「チロシン」は新陳代謝を活発にする働きがある

《新玉葱》
・辛み成分「硫化アリル」は、血液をサラサラにする効果がある
・生で食べると、より効果的です

[PR]
by okajirushi-recipi | 2011-10-21 12:31 | 春野菜いろいろ